民公開セミナー

市民公開セミナー1

【鼎談】最期まで私らしく生き抜くために,今から考えてみませんか。
‐仙台での取り組みから‐

65歳以上の高齢者人口が約3560万人で過去最高となった今、高齢者の方が、人生の終わりをより良いものにするためにはどのような準備ができるでしょうか。仙台での取り組みを紹介しながら、参加者のみなさまと一緒に考える機会にしたいと思います。

主催 第24回日本在宅ケア学会学術集会
日時 平成30年7月28 日(日)13:10-14:30 (開場13:00)
場所 仙台国際センター 会議棟 2階 橘 
参加費 無料
参加方法 当日受付(先着450名)
対象 市民の方どなたでも参加できます。
講師 宇都宮 宏子氏(在宅ケア移行支援研究所)
玉井 照枝氏(暮らしの保健室・ケアカフェ アンダンチ)
佐藤 薫氏(東北公済病院)
司会 菅原 千恵子氏(東北福祉大学 健康科学部)
及川 真喜子氏(宮城県看護協会 訪問看護総合センター)

本セミナーのポスターができました。

ご自由にダウンロードおよびプリントアウトしてお使いください。

ポスターダウンロードはこちら

市民公開セミナー2

孤立とセルフ・ネグレクト ‐身近な人のSOSに気づくには‐

ごく普通に生活していた人がささいなきっかけで、「セルフ・ネグレクト」と呼ばれる状態に陥ってしまうことが指摘されています。健康状態や生活環境が悪化しているのに、それを改善しようとする気力を失い、周囲に助けを求めないために、周囲から孤立してしまう…。年齢に関係なく陥るとされる「セルフ・ネグレクト」は、孤立死やゴミ屋敷の原因とも言われています。セルフ・ネグレクトにつながる変化を見逃さず、未然に防ぐ方法について考えたいと思います。

主催 第24回日本在宅ケア学会学術集会
日時 平成30年7月28 日(日)14:45-15:45 (開場14:35)
場所 仙台国際センター 会議棟 2階 橘
参加費 無料
参加方法 当日受付(先着450名)
対象 市民の方どなたでも参加できます。
講師 岸 恵美子氏(東邦大学 看護学部)
司会 山野 英伯氏(東北福祉大学 総合福祉学部)

本セミナーのポスターができました。

ご自由にダウンロードおよびプリントアウトしてお使いください。

ポスターダウンロードはこちら